CloudCDNのキャッシュについて

PCで見た時にスマホの見た目になったり(逆もあった)したので、CloudCDNでどうやってキャッシュされているのかを問い合わせてみた。

 

UAごとにキャッシュはされず、基本的にURLごとにキャッシュされる模様。

Caching Details  |  Cloud CDN Documentation  |  Google Cloud Platform

 

Varyヘッダーも使えるが、UAだとキャッシュされない。。。

※下記のページにヘッダーにAgeが付くとキャッシュから呼び出していると記載

Troubleshooting  |  Cloud CDN Documentation  |  Google Cloud Platform

 

というわけで、同じURLでレスポンシブに作っているサイトは注意が必要。

※URLを分けたりパラメータをつけたりする必要がある

 

同一URLのレスポンシブサイトってたくさんありそうなんですが、どうなんでしょう。

 

ちなみにVaryヘッダーはつけたほうが良いとGoogleさんは言っているようです。

web-tan.forum.impressrd.jp

 

 

chromeで A Parser-blocking, cross-origin script, 的な警告が出た時

調べてみたところ、下記のサイトで説明があった。

 

sucrose.hatenablog.com

 

2Gの速度の端末は日本にはないのでまだ大丈夫だが、3Gとかwifiが対象になった時のために早めに対応しましょう。

Andoroid ブラウザの「壁紙として設定」を押した時の挙動

ログインしてからダウンロード可能な画像があった場合、

「壁紙として設定」を押すと継続中のセッションでは無くて、新しい別のセッションになる。

 

Dalvik/1.6.0 ....

のユーザーエージェントとなり、cookieを引き継げないので結果ダウンロード出来ない模様。

iOS8のSafariで、input text なフォームの枠外へカーソル移動が出来ない

bbs.kakaku.com

 

iOS8のsafariでフォームに入力した文字が、枠を超えて入力された時

カーソルが枠外に行かないというバグがあります。

iOS8.3で確認

mod_rpafのインストール

http://vova-zms.blogspot.jp/2012/07/install-modrpaf-with-apache-24.html

 replace  “remote_” with “client_” in “mod_rpaf-2.0.c”


remote_* は使えなくて、client_* に置換する必要ありです。
Apache/2.4.3 で mod_rpaf-0.6 です。

ロックを実装する時に気をつけること

ロック処理の考察

・前提として
ロックは最小限にする(長いとロック待ちが多発)
デッドロックは何かがおかしい
必ず1人ずつ処理させる部分にロックを加える
DBにロック処理は任せる

・ロックテーブルを一つにまとめる
share_lock 等のテーブルを用意

この部分で一人一人処理される事を約束する
必ずこの中でずれてはいけない処理をする
デッドロックの発生を防ぐ

・行ロック
最終確認で必要な処理があれば、
その行だけロックをしてから確認の処理をする

・ロックのモード
http://www.ecoop.net/memo/archives/2008-05-30-1.html

ACCESS EXCLUSIVE を使う事は少ない(最強、違うセッションからのアクセスは許さない)
EXCLUSIVE 基本読み取りは大丈夫な場合が多いので、見直す

画像スライダーをつくった時のはまったのでメモ

前の画像がスライドし終わっていきなり切り替わっていて何だろうと調べていたら、positionの設定がおかしかったみたい。


position−スタイルシートリファレンス

 

気をつける